お知らせ

愛知県立豊田高校での訪問看護普及啓発事業 開催報告


2020年12月23日(水)10時~10時45分、愛知県立豊田高校3年生(医療・看護コース)36名を対象に、「訪問看護について興味関心を持つ機会を得ることで将来の職業選択に役立てる」ことを目的に、訪問看護についての普及啓発を実施しました。


生徒の皆さんは、訪問看護を取り巻く社会的背景や実際に働いている訪問看護師からの説明、新卒訪問看護師と看護学生(3年生)のビデオメーッセージに、熱心に耳を傾けていました。


<参加者した生徒さんからの声(一部抜粋)>

・実際に働いている訪問看護師からの話が聞けて、より在宅看護に興味をもった。
・病院だけでなく様々な進路があるんだなと思った。
・看護師は病院で働くイメージが強かったが訪問看護も視野に入れたい。
・最期を家で迎えたいという人をサポートできるのですごく魅力的だなと感じた。
・医療機器が発達し自宅でもさまざまな処置や治療が行える。
・病院ではあまり見ることのできない患者さんの自然な笑顔が見れる。


<アンケート結果より>

校長先生をはじめ、ご協力いただきました先生方、3年生(医療・看護コース)の皆様に厚くお礼申し上げます。




一覧へ戻る